雑記、写真、自由空間

2007年1月6日

カサゴの刺身を作ってみよう! Sashimi of rockfish.

Bumper catch of rockfish カサゴとメバル
大漁!カサゴとメバル

 義兄が釣りを始めたそうです。
 正月早々、海釣りに出かけた義兄、幸先良く大きな釣果を挙げたそうです。
 で、これまた幸先良く、そのお裾分けを頂きました。

 頂いたのはカサゴとメバル。
 えっ、これって高級魚じゃないの?
Rockfish-sideview カサゴ
カサゴ-側面

 さてさて、サンマの刺身を作ってみようでもお世話になった例の本で調べてみると…、

「カサゴもメバルも煮付けが美味しい」とあります。
 しかし、新鮮なカサゴは刺身も絶品だそうです。
「ふーむ」
Rockfish's mouth カサゴの口!
カサゴの口は大きい!

「こんなトゲトゲの魚をさばけるのか?」
 自問自答する私。
 しかし、底の知れない食欲と、持ち前の「取り敢えずやってまえ」精神が、カサゴの容姿から思い浮かべる困難を圧倒し、覆してしまいました。

Filleted rockfish 刺身にするためにさばきました
三枚に下ろしました

 外見から想像したとおり、頭を落とすのはちょっと骨が折れました。
 包丁を入れた際、胸鰭は避けたのですが、腹鰭に包丁が当たってしまい、随分苦労しました。
 包丁を入れる際には、鰭は避けたほうが良いみたいです。

 カサゴって頭が大きいんですね。
 刺身にできない頭部と背骨は、もちろん捨てません。
 ダシを取るために、鍋に放り込みました(笑)。

Stripped rockfish カサゴの皮を剥ぐのは一苦労
皮を剥ぐのが大変

 三枚に下ろした後は、皮を剥ぐ作業に移ります。
 しかし、これが大変でした。
 固いのなんのって。
「身を崩して食感を損なってはならない」と思うと、身を強く握る事はできません。
 しかし皮はなかなか剥けません。
 食欲と焦りが葛藤を演じた一瞬でした(笑)。

Sashimi of rockfish カサゴの刺身
出来上がり!

 漸く完成です。
 しかし、苦労した甲斐がありました。
 カサゴの刺身、絶品です。
 苦労して捌くだけの価値があります。

 さてさて、今回学んだ事をまとめておきましょう。
  1. 大きめのカサゴを選ぶ(刺身の量を左右する & 捌く際の気持ちの余裕が生まれる)。
  2. 頭を落とす時は鰭を避けるように。
  3. 残りの頭や骨はダシ取り用に回す。澄まし汁を作ると旨いらしい(後知恵)。
  4. 皮を剥ぐ際はケチケチしない。
  5. やはり、中骨掃除用の毛抜きが必要
 見た目で判断すると、素人が捌けるとはとても思えないカサゴですが、皮むき以外は思ったよりも簡単でした。
 新鮮なカサゴを手に入れられたら、挑戦してみては如何でしょう。
 それだけの価値があると思いますよ。 =)

追記
 スライドショーを作ってみました。
 ちょっと悪趣味かな?

 ではでは、今回はこの辺で。

2 comments:

sakichin さんのコメント...

お久しぶりです
最高においしそーですね!

Kamimura さんのコメント...

わぁ、sakichin さん、いらっしゃいませ&お久しぶりでーす。
 いやぁ、美味しかったです。
 また Flickr でも、よろしくお願いしまーす。

最近のコメント

www.flickr.com
kamimura 4401's self-satisfaction photoset kamimura 4401's self-satisfaction photoset